うつ病の診断をしよう|ストレス社会に負けるな

身体の変化で病気を見抜く

ドクター

家族のサポートが必要

うつ病はうつ状態を中心とする症状で、これらははっきりと区別できない場合があります。うつ病の場合、長期間に渡り治療が必要だといわれ、自然に回復することがなかなか難しいといわれています。うつ病は、様々な身体的な症状を伴うもので、落ち込むといった精神的な症状のほかにも、眠れない状態や食欲がない状態になるなどの身体的な症状が全面に出ることが多いです。仮面うつ病と呼ばれる場合、精神ではなく体の病気ではないかと勘違いするなど、仮面を被っているように見える場合があり、気分の低下や意欲減少、思考力や判断力の低下などが起こり、症状がひどくなると顔つきや態度、話し方などの様子も明らかに変化します。気分の低下は、うつ病のもっとも代表的な症状といわれ、ひどい気分の落ちこみや憂鬱、物悲しさなどが現れます。自分はダメな人間だと、自責の念や罪悪感を感じることもあり、重症になることで、死にたいといった気持ちが募ることが多くなります。また、日内変動というものがあって、昼以降から夕方にかけて少し良くなったような気分になることが特徴です。うつ病には様々な症状がありますが、どんな人にも共通していえる症状は、何をするのにも億劫になり、何にも関心や興味が持てなくなるという点です。今まで好きだった趣味や楽しみにも関心が持てなくなってきます。その原因は、思考の低下です。思考の低下が起こると、物事に集中できにくくなり、考えがまとまらなくなります。自分に自信が持てなくなったり、物事を悲観的に捉えたりするなど、悪い方向にばかり考えてしまうようになるのです。重症になることで、取り返しのつかないことをしたと罪の意識を抱えて考え込んでしまう罪業妄想や、不治の病にかかったと考え込んでしまう心気妄想などの症状がみられる場合があります。身体の様々なところに影響を及ぼし、中でも睡眠障害や食欲減退、体重減少、だるさ、疲れやすさなどはうつ病の代表的な身体症状です。睡眠障害では眠ってもすぐに目が覚める、眠っても眠り足りない、朝早く目が覚めてしまうなどがあります。ほとんどのうつ病には、食欲減退や体重減少があります。味がわからないなど、何を食べても美味しくないといった表現をする場合があります。また、うつ病の疲労感は休息してもなかなか疲れがとれにくいといわれています。他にも、動悸やめまい、頭痛や腹痛など全身に症状が現れます。うつ病の診断では、問診をして診断基準に照らし合わせて、病気かそうでないかを決定します。うつ病の問診の進め方は、本人や家族などへの詳細な質問が診断の基本となります。うつ病は、心療内科や精神科で治療することができます。個人で治療に励むよりも、家族全員で協力して治療に励むことで回復スピードは早くなるので、病院で診断してもらう際には、極力家族に付き添ってもらいましょう。