うつ病の診断をしよう|ストレス社会に負けるな

気分が鬱々してるとき

悩む人

診断チェックで確認できる

近年、うつ病の患者が急激に増加傾向にあり、症状について悩んでいる人も沢山います。普段の日常においてふとした時、気分が落ち込んで鬱々としてしまう日があったら、少し自分と向き合う時間を作りましょう。また、いきなり病院にかかるのは気が引ける、心療内科に行くのは不安、という方はまず自己診断でチェックをしてみることをおすすめします。診断することによって、うつ病であるかを確認することができるのです。そして、ひょっとしたらと思うことがあったら医師に相談するきっかけにしてみると良いでしょう。まず心の症状として、気分が沈んだまま何もやる気が起こらない、外出するのも億劫、食欲や性欲がないといったものがあります。他にも過剰な罪責感、劣等感を感じるなども症状として挙げられるのです。さらには、死についての何度も考えたり、自殺を図ったりするような行動も診断の目安になります。身体的な症状は、頭痛やめまい、便秘、体重の減少あるいは増加、不眠あるいは睡眠過多がみられます。このような症状が一日中、二週間続くような場合、うつ病と診断されます。しかし精神的な症状がほとんどみられず、手足のしびれや病気など全くうつ病とは関係ないと思われる症状が、うつ病の原因になっていたということもあります。身体検査では全く異常がなく、原因がわからない場合、心療内科の受診を勧められてうつ病が発覚したということもあるので、症状のみで判断することは困難です。症状のみで判断できない場合、発症した前後に環境の変化があったかどうかということも診断の基準になります。うつ病を発症する要因としてさまざまなことがありますが、人間関係のストレスや季節の変わり目、離別や死別などがあります。他にも昇進など責任の重圧、結婚など生活の変化があります。今問題視されている産後うつといった出産が原因でうつを発症する場合も多くなっています。このような環境の変化があると、自覚症状がなくともうつ病を発症するリスクが上がります。マイナス面である離別や死別などで発症するのはよくあることですが、気をつけなくてはいけないのはプラス面での環境の変化です。結婚や出産、昇進など自身にプラスになることでもうつ病を発症する場合があります。心を元気に保とうとするあまり、心にストレスがかかるのです。病院に行く際には、嘘をつかず正直に話すことが適切な診断につながります。恥ずかしいと思わず、素直に話しましょう。うつ病では本人が思うように説明できないこともありますから、できれば一緒に生活する家族や本人の生活をよく知る方が付き添って受診するとよいでしょう。生活環境や行動の変化など、自身では気づかない変化に気づいているかもしれません。