うつ病の診断をしよう|ストレス社会に負けるな

気分が落ち込んだとき

男の人

専門家の診察を受ける

うつ病は単なる甘えだとか心の弱さだとか誤解されがちですが、精神的な病気の一種であることを理解しなければなりません。病気ですから適切な治療を受ければ改善しますが、反対に放置しておくと重症化する恐れがあります。ただし、うつ病の症状は人それぞれであり、やる気が出ないから即病気だと診断することもできません。そのため医療機関で正確な診断を受けることが重要になります。うつ病検査は病気を早期に発見し、早期に治療するために活用されます。うつ病の診断基準として有名なものには、世界保健機構が定めたICDや、アメリカ精神医学会が定めたDSMなどがあります。内容的には似通っており、抑うつ気分や不眠、食欲の減少や興味の低下などが項目として挙げられています。これらの症状が続いて社会生活が困難になっている場合、うつ病と診断されます。ネット上には自分で簡易検査できるサイトも数多くあるので、気になることがあったら試してみると良いでしょう。あまり難しく考えず、直感的に選択肢を選んでいくだけで結果が出ます。ただし自己診断だけで病気だと決めつけるのは、かえって症状を重くする危険があります。疑わしい状態であれば精神科や心療内科を受診し、より精密な検査を受けるようお勧めします。専門のクリニックでも基本的に診断基準は同じで、患者本人の訴えを中心に診察を行ないます。ただし他人の目から見た客観的な状態も評価の対象になるのが特徴です。また患者の置かれた社会的環境や生育歴、性格・気質なども判断の基準になります。他の病気や薬の副作用が影響している場合があるので、既往症のチェックが必要です。最近では脳の血流を測定し、そのパターンを読み取る光トポグラフィーという検査方法もあります。このような診察を通して、総合的にうつ病であるかどうかを診断するとともに、適切な治療方法を見つけ出します。規模の大きな職場では法律によりストレスチェックの導入が義務化され、すでに受診した方も多いでしょう。ただしストレスが強いから必ずうつ病になるとは限りませんし、逆に小さなきっかけでも、本人の精神状態次第で病気の原因になることがあります。心の病気は他人と比較して判断することができず、血圧や血糖値などのように数字で示すことも不可能です。「疲れているだけだ」とか「ただの怠け癖だ」と考えて我慢していると、いつまでも改善しないことになりかねません。うつ病は気分的な落ち込みだけでなく、体重減少や不眠・仮眠といった肉体的な症状となって現れることもあります。信頼できる医療機関で診断を受けることは、他人に理解されにくい悩みや苦しみから解放されるきっかけになるでしょう。