うつ病の診断をしよう|ストレス社会に負けるな

休職や休学の手続きを行う

ナース

精神神経科を受診する

精神的に落ち込んだ状態が長く続いたり、不眠や食欲不振、気力の減退などがあったりする時は、放置をせずに精神科を受診する必要があります。精神科は怖い所ではなく、疲れた心身を治療してくれます。医師の診察や問診を受けて、うつ病だと診断された経験のある人が増えています。うつ病を診断されると、生活習慣や食生活を改善する努力をしたり、抗うつ剤や睡眠導入剤による治療を受けたりする必要があります。学生や会社員の人は、学校や職場に行くのが難しいケースもあるため、一時的な休職や休学の手続きをすると良いでしょう。うつ病に罹ると、午前中は気分が優れない人が多いですが、夕方や夜になると少し回復する人が多いです。脳のセロトニンの分泌量が低下すると、うつ病の症状が悪化するため、朝型の生活を心掛けて、朝日を浴びたり、電気などを点けたりする必要があります。卵や牛乳などには、セロトニンの分泌量を増やす効果があるため、積極的に食べることが大事です。うつ病だと診断されると、気持ちが落ち込んでしまった人が多いですが、根気よく治療を続ける必要があります。うつ病は波があるので、良くなったり悪くなったりを繰り返す傾向がありますが、焦らないことが大事です。周囲の家族から見ると、甘えや怠けだと感じる場合がありますが、心身共に非常に消耗している状態なので、必要以上に励ますのは避ける必要があります。うつ病を診断された人は、集中力や気力が減退してしまい、洗濯や料理、掃除などの家事が捗らなくなったり、学生の場合は成績が落ちたりする場合もあります。家事や仕事、学業などに影響が出ている場合は、一時的に入院による治療を受けることが大事です。精神神経科の病院は、うつ病の患者も数多く入院をしており、病院の部屋も以前に比べると明るい雰囲気になっています。そのため、リラックスできる環境が整っています。自宅では、充分に休養ができないと感じている人は、入院して充分な休息を取ることも大事です。必ずしも入院する必要がなくなっており、症状が改善してくると通院による治療が可能になっています。うつ病に罹ると医療費が高くついてしまうと悩んでいる人が多いですが、障害者自立支援法などを利用すると、医療費が1割負担になるので、経済的な負担を減らすことができます。市役所の窓口に行くと手続きの方法を教えてくれるので、相談をして下さい。現代は優れた医薬品が開発されており、病気が寛解して仕事や学校に復帰している人が増えています。病院やクリニックによっては、認知行動療法などの治療も受けられるので、生活の質を向上させたい人は、医師に相談してみると良いでしょう。回復の速さは、人によって個人差があります。